クリスマスマーケット

ドイツのクリスマスマーケットで食べたい屋台のスイーツ!

ドイツのクリスマスマーケットで食べられるスイーツについてご紹介。

実際にドイツのクリスマスマーケットで我が家が食べたものについて、もとパティシエで甘いもの大好きな私がお送りします…!

日本のスイーツとはまた違った、ドイツな感じをお楽しみください~

クリスマスマーケットの屋台のスイーツ

クリスマスマーケットで我が家が出会ったスイーツについて、それぞれ詳しくお伝えしています。

屋台のグルメについての記事はこちらです

ドイツのクリスマスマーケットのおすすめグルメ!おいしいドイツ的食べ物のまとめクリスマスマーケットに行くと、これでもかというくらい、屋台がたくさんあって見て回るのが本当に楽しいです! クリスマスの物販を見るの...

いくつか行ったクリスマスマーケットの中からピックアップしているので、すべての商品が各地のクリスマスマーケットにある訳ではありません!

お気に入りに出会えたらラッキー!!

では、以下詳しくどうぞ↓

焼きアーモンド(Gebrannte Mandeln)

アーモンドをお砂糖で炒ったもので、100g単位で売っています。

バニラやシナモン風味とか、フレーバーの種類がいくつかありました。

その場でアーモンドを炒っていて↓、屋台の近くは香ばしくて食欲をそそる香りが漂っているので、ついつい引き寄せられてしまいます…。

上の画像の様な紙袋にサッと入れてくれるのですが、まだ温かかったりして、最高においしい!

炒りたてアーモンドなんて日本じゃなかなか食べられません。

甘くて香ばしくてカリカリで、無限にむしゃむしゃ食べられますよ…!

ダンプフヌーデル(Dampfnudel)

ダンプフヌーデルとは、ドイツ、オーストリア、フランス等で食事、またはデザートとして食べられている蒸しパンの一種で、南ドイツの典型的な料理です。

クリスマスマーケットでは、温かくて甘いスイーツとして屋台に出ています。

メインの甘い蒸しパンの上にかけるソースを選ぶことができます。

普通は、上にたっぷりのバニラソース(Vanillesoße)をかけて、お好みで、フルーツソースなどのトッピングができます。

我が家は、トッピングでモーン(Mohn:ケシの実)を選びました(私がモーン好き)。

温かくてフワフワのパンに、とろりと甘いバニラソースがおいしい!

しかし、蒸しパンのサイズが私のこぶし大以上もあり、あまりに大きいので、中に何か入っているのでは…?と思ったのですが、中には何も入っておらず、ひたすらパン…。↓

現地の方々は、一人一皿で食べてましたが、我が家は家族4人がかりで挑み、やっと食べ切ったという感じでした。

食べ始めは、甘くてふわふわのパンとトロトロバニラソースの相性が良くて「ウマー!」となるのですが、ここはドイツ。

とにかくサイズが大きいために味に飽きてしまうので、トッピングにはバニラソースと共に、チェリーソース(Kirsch)が一押しです。

チェリーソースの酸味で変化が出るので、飽きずに食べられると思います。

食欲に自信のない方は、みんなとシェアするのがおすすめ!

ドイツの伝統料理を、是非体験してみてください~!

クレープ(Crepes)

日本の、ホイップクリームに果物とソースをかけてまきまき…というクレープとは違って、いたってシンプルです。

焼いたクレープ生地に砂糖やチョコやヌテラやジャムなどを塗って、四角く畳んであります。

と、まあ見た目はそっけないのですが、実際に食べてみると、生地がもちもちでおいしいのです!

日本のクレープのイメージでいた子ども達は、見た目に若干ガッカリしつつも、そのもちもち感に喜んで食べてました。

そして、ここでも、ヌテラ大好きドイツ人↓

これでもかという程ヌテラのアピール度が半端ない…!(このお店は、クレープとワッフルとダンプフヌーデルンのお店)

レープクーヘン(Lebkuchen)

屋台で良く見るレープクーヘン屋さん。

レープクーヘンは、蜂蜜・香辛料、またはオレンジ・レモンの皮やナッツ類を用いて作ったクッキーです。

ドイツを中心に中央ヨーロッパ各地で作られていて、ドイツでは、クリスマスに用いられることが多いです(食べたり飾ったり)。

現地では、食べてる…というよりは、こういう屋台が出るイベントなんかでは、紐がついてるレープクーヘンを首から下げてる人を良く見かけます。

香辛料の香りが結構強く、日本人にはお味の好みが分かれると思いますが、見た目がかわいいのでお土産などにもおすすめです!

チョコりんご、チョコばなな、チョコいちご(Kakao-glasur)

チョコがけ(Kakao-glasur)の果物。

画像の上から、チョコりんごチョコばななチョコいちごです。

チョコりんごはなじみがないですよね…。どんな感じなのか…??

チョコいちごを買って食べてみました↓

チョコといちごはもちろんおいしい。

ただ、日本の屋台のチョコバナナと比べると、日本のチョコバナナは「チョコ<バナナ」といった感じですが、ドイツのものは「チョコ>果物」のチョコメイン。

日本のチョコは、ちょっと柔らかくて、チョコバナナ用に加工されているものだと思うのですが、ドイツのものは、完全にそのままチョコレートで、チョコが分厚くてかなり食べごたえがあります。

次はリンゴにチャレンジしたい…!

バウムクーヘン(Baumkuchen)

ドイツの伝統菓子、バウムクーヘンの屋台も出ていました!

これは、個人的にはデュッセルドルフのクリスマスマーケットでは見かけなかった気がするのですが、ケルンにはありました。

実は、ドイツ伝統菓子ではありますが、街中であまり見かけないバウムクーヘン。

屋台を見かけたらラッキーかもしれません…!

こちらのお店では、その場でバウムクーヘンを焼いていて、焼き立てを串に刺して、チョコレートをかけたりして売っていました(画像左側)↓

是非、本場でのバウムクーヘン体験を!

ワッフル(Waffeln)

ワッフルのお店もありました。

こちらはケルンの大聖堂形ワッフルのお店↓

お好みのトッピングが選べます↓

このお店だと、生クリーム、温かいチェリー、温かいチョコレート、アイヤーリキュール(卵のお酒)が別料金でトッピングできます

その場で焼いているので、焼き立ての温かいワッフルが食べられますよ!

こちらのワッフルはリエージュ風の柔らかいワッフルで、フワフワでおいしくて、秒で無くなりました…。

ワッフルの種類について、詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ~↓

ベルギーのブリュッセルでワッフル食べ比べ!テイクアウトで食べるときの注意点ベルギーに行って絶対にはずせないワッフル。 今回ブリュッセルに行って、どうやらワッフルにも種類があるということが分かりました。 ...

シュトレン(Stollen)

もちろんシュトレン(シュトーレン)の屋台も出ています!

大きいサイズから、カットしたものまで、お好みのサイズで買うことができますよ。

*シュトレンについて、詳しくは以下の記事をご覧ください↓

ドイツのシュトレン(Stollen)はなぜおいしいのか?おすすめのシュトレンも ドイツのクリスマスに欠かせないお菓子、と言えばシュトレン(Stollen)です。 日本だとシュトーレンだったよなあと思...

クリスマスマーケットの屋台のスイーツのまとめ

ドイツでクリスマスマーケットの屋台を見ていると、あれもこれもと目移りしてしまいます!

そして、このサイトでは何度も言っている様な気がするのですが、ドイツの食べ物はもれなくサイズが大きいです…。

なので、食欲に自信のある方以外は、ある程度予習して狙いを定めていくのがベスト!と思います。

ぜひ参考にしてくださいね~。

では、ステキなドイツのスイーツ体験を!(^v^)

ドイツのクリスマスマーケットのおすすめグルメ!おいしいドイツ的食べ物のまとめクリスマスマーケットに行くと、これでもかというくらい、屋台がたくさんあって見て回るのが本当に楽しいです! クリスマスの物販を見るの...
ドイツのクリスマスマーケットおすすめの飲み物まとめクリスマスマーケットに行ったら、とりあえずグリューワイン!なのですが、ドイツのクリスマスマーケットでは、グリューワイン以外にも、日本では...