クリスマスマーケット

ドイツのクリスマスマーケットのおすすめグルメ!おいしいドイツ的食べ物のまとめ

クリスマスマーケットに行くと、これでもかというくらい、屋台がたくさんあって見て回るのが本当に楽しいです!

クリスマスの物販を見るのはもちろん、ドイツ独特の食べ物もぜひ体験してみたいところですよね~。

それぞれの屋台からおいしい香りがしてきてフラフラと引きつけられ、日本でなかなか食べられないものも多いので、ついつい手が伸びてしまう…。

そんな屋台飯(?)を、個人的に食べたものを中心に、「肉系・魚系・じゃがいも系・麺系」に分けてご紹介します~!

肉系

ブラートブルスト(Bratwurst)

見た通り、パンに焼いたソーセージを挟んだものです以上。

ホットドッグと違って、ソーセージがはみ出しているのがノーマルなかたちです。

それ以上言うことがないくらいシンプルな作りですが、クリスマスマーケットに限らず、街中でも良く見かけるドイツ飯の定番中の定番!

↓普通のソーセージと、白いソーセージから選べます。

このお店はソーセージ焼いてる手前でパンも温めてくれているので、ほんわか温かかくておいしかったです。

いかにもドイツらしいドイツ飯なので、食べたことがない方はぜひお試しください!

シュピースブラーテン(Spießbraten)

焼いた豚肉を玉ねぎとともにパンに挟んだもの。

最初名前だけでは良く分からなかったのですが、お店にちゃんと英語で説明書きがありました↓

Pork with bun and onions without sauce.だそうです。分かりやすい。

お店の奥で大きな肉の塊を焼いていて、これをスライスしてパンに挟みます↓

「肉・玉ねぎ・パン」と、とてもシンプルで、ソースもかかっていないので、がっつり肉のお味がします。

「あ~、肉食ってんな~」という感じで、真の肉好き肉食系の方におすすめです!

肉の煮込み

これ、ほんとうに残念ながら名前を忘れてしまったのですが(申し訳ない…)、肉が柔らかくてとってもウマー!!でした。

ソースもおいしくて、ポメス(フライドポテト)につけて跡形もなく食べ切りました。

やや高めのお値段でしたが、見かけたらぜひ購入してみてください…!

かなりのおすすめです!

魚系

フラムラックス(Flamlachs)

これは、直火で焼いた鮭をほぐして、パンにのせてソースをかけたもの

他の屋台飯と比べると、ちょっとお高めで€7程度。

お店の中で、その場で鮭を焼いています!(店右側)

近くによるとこんな感じ↓

直火で鮭あぶってるって時点で、もうおいしそう。

そして、やはり間違いなくおいしかったです。

鮭のホカホカ感とカリカリ感が素晴らしく、おすすめの一品です!

追記

私の通うドイツ語教室のおじいちゃん先生は、クリスマスマーケットの屋台の魚料理は比較的最近出てきたものだと言ってました。へ~

トラディッショナルなのは肉!肉だよ!とのこと。参考までに…。

バックフィッシュ(Backfish)

揚げた魚がパンに挟んであります。

これは、あまり期待しないで食べたんですが、意外にもおいしかったです!

衣に味が付いていて、もりもり食べられます。

私は魚が1枚のものを購入したのですが、2枚乗ってるのがスタンダードなようで、現地の方々はみんな2枚乗せを食べてました。

脅威の胃袋ですね…!

じゃがいも系

ライプクーヘン(Reibekuchen)

すりおろしたりみじん切りにしたじゃがいもを揚げたものに、リンゴのソースをつけて食べるもの。

最初は「リンゴ?」って感じですが、食べてみると、これが意外と合う!

クセになる感じです。

このライプクーヘンは、食べてる人が本当に多かった!

こんな感じで揚げまくっています↓

これは3枚入りで€5ほど。

もう、揚げ物がきつく感じるお年頃なので、個人的には1枚で充分でしたが、現地の方々は1人3枚を当たり前に召し上がっておりました…!

バックカルトッフェルン(Backkartoffeln)

オーブンで焼いたじゃがいもです。

日本のじゃがバターの様なものですが、こちらはトッピングが選べます

基本はバターと塩ですが、違うものを…と思って、サワークリームにしてみました。

個人的には好きな味でしたが、子どもに不評…。

お店の奥にオーブンがあって、じゃがいも焼いてました↓

その場で出してくれるので、温かいじゃがいもが食べられます!

ポメス(Pommes frites)

いわゆる、フライドポテト。

ドイツでは、そこら中にポメスのお店があり、みーんなポメスを食べています。

もちろんクリスマスマーケットでも!

何が良いのか?何か日本と違うのかな~と思っていたら、ドイツではフライドポテト+マヨネーズがスタンダードなのです。

最初は「え?マヨネーズ?」と思いますが、これが食べてみると「やっぱりマヨだよね!」になってしまいます。

クセになるおいしさ。

ぜひドイツ滞在中に1度はお試しくださーい!

麺系

シュペッツレ(Spätzle)

柔らかい卵麺の一種で、ドイツ・オーストリア・アルザス・南ティロル料理で食べられているものだそう。

上の画像以外にも、クリーム系のソースもありました↓

こちらはチーズたっぷりで、フライドオニオンもお好みでトッピングしてくれます!

食べた感じは、ニョッキの様な感じで、もちもち~。

ニョッキ系もちもち(ほうとうとかすいとんとかも)が大好きなので、これはかなり気に入りました。

我が子たちの人気も高く、奪い合いながら食べるほどでした!

クリスマスマーケット屋台飯のまとめ

こちらで紹介した屋台飯は、いくつかのクリスマスマーケットをまわった結果です。

それぞれのクリスマスマーケットで、物販も屋台飯も特色があるので色々探してみるのが楽しいですよ!

クリスマスマーケットで食べられるスイーツについてもまとめてあるので、以下の記事も是非一緒にご覧下さい↓

ドイツのクリスマスマーケットで食べたい屋台のスイーツ!ドイツのクリスマスマーケットで食べられるスイーツについてご紹介。 実際にドイツのクリスマスマーケットで我が家が食べたものについて、...

さらに、クリスマスマーケットおすすめの飲み物についてもまとめているのでどうぞ↓

ドイツのクリスマスマーケットおすすめの飲み物まとめクリスマスマーケットに行ったら、とりあえずグリューワイン!なのですが、ドイツのクリスマスマーケットでは、グリューワイン以外にも、日本では...

ではでは、クリスマスマーケットでおいしいものに出会えますように!(^v^)

*日本からのツアーを探す→JTB

ドイツ・デュッセルドルフのクリスマスマーケット|テーマの違う会場の場所と楽しみ方!デュッセルドルフのクリスマスマーケットに行ってきました! デュッセルドルフのクリスマスマーケットは、街の各所にテーマの違ったマーケ...
ケルンのクリスマスマーケット1|おいしいものと注意点。絶叫系観覧車に乗りました!ケルンのクリスマスマーケットに行ってきました! ドイツ西部のノルトライン・ヴェストファーレン州最大の街であるケルンのクリスマスマー...
ドイツのグリューワイン|クリスマスマーケットでの飲み方と家での楽しみ方クリスマスマーケットの定番「グリューワイン(Glühwein)」。 日本ではホットワインと呼ばれることが多いと思います。 ド...
ドイツのシュトレン(Stollen)はなぜおいしいのか?おすすめのシュトレンも ドイツのクリスマスに欠かせないお菓子、と言えばシュトレン(Stollen)です。 日本だとシュトーレンだったよなあと思...
関連記事